SFAの大きな特徴とは

会社組織というのは成長をさせるために営業部門の組織化というのが大事です。営業部門が閉鎖的ですとそれだけでコストがかさむことになりますし、またそれ以上に売り上げを伸ばすことに阻害されるというような可能性もあるのです。ですから売り上げを伸ばして、コストを少しでも下げていくというようなことを考えるためにもSFAと呼ばれる営業支援システムを導入するように考えるのがいいのではないでしょうか。このような非効率的になりがちである営業部門の仕事のさらなる効率化というようなことを考えて大企業だけではなく最近ならば中小企業をはじめとして多くの企業でこうしたシステムの導入が進んでいるものなのです。それだけ多くのメリットを甘受することができるのがこうした営業支援システムの特徴の一つでもあるといえるのではないでしょうか。

SFAの導入が増えているのは

SFAを導入する企業は多くなってきています。昔よりも増えている理由の一つがまずは、この導入にかかる初期費用というものが少なくなってきているというようなこともあるでしょう。またランニングコストも減少しているというような風にいわれていますので、それだけ手軽に導入をすることができるようになっており、低コストでそれを実現できるというようなメリットがあるわけです。しかもこうしたSFAならばさらに売り上げを拡大するというようなこともできるわけです。このようなシステムならば多くの日誌などのように書かれていたような情報がデジタル化することが可能になっています。そうした情報というのはたとえば携帯やスマートフォンなどのようなものから簡単にアクセスをすることもできますので、営業の活動をさらに効率化することができるのです。

SFAって一体何のこと?

SFAという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。正式名称は「SalesForceAutomation」で、日本語にすると「営業支援システム」です。元々はアメリカからわたってきた考え方で、日本でも受け入れられるようになり約20年たちます。さて、一体どのような考え方なのかというと、簡単にいうと営業担当個人で受け持っている仕事の情報を共有化し、データ化することで営業の生産率を上げ効率化しようという考え方です。そして、この考え方をもとにしてできあがったシステムこそがSFAなのです。このシステムを取り入れることで、企業側はリアルタイムの集計を分析できるようになり、仕事の方針を決定する時などに即決できるようになります。またそのデータをもとに優先すべき業務の見極めや、優先すべき見込み客への営業フォローなどが行うことができ効率よく受注率のアップにもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です