ビジネス用語の「SFA」について

ここでいう「SFA」とは、法人組織などにおいて、そこでの営業のプロセスや進行状況などを様々なカタチやシステムを駆使しながら管理をし、営業活動の効率化を図るためのシステムといえます。90年代前半のアメリカ本土での当時のコンピュータ業界で盛んに使用されていた用語であり、我が国内に90年代後半に入り、現在までに至るものです。SalesForceAutomation(セールス・フォース・オートメーション)の略称ですが、これまでの営業活動などで得てきた情報についての組織内外での共有や分析を行うことで、これまで営業マンなどが各個々人で行ってきた活動を組織単位で行えるようにすることが第一目標といえる内容であり、我が国内においても大変評価が高いシステムといえます。ただ、こうすることにより営業マン各個々人の自由な方針に基づいた営業活動自体がやりにくくなるといった問題もあるので、これをこれからどう克服していくかが課題といえます。

効率化のためのSFA

営業の業務を効率化することによって、売り上げの増加とともにコストの削減というような効果を期待することができるようになっているのです。そうした営業の効率化というようなことのためにSFAの導入というようなことも多くなってきています。こうしたシステムを導入することによって、それぞれの従業員の活動を一元的に管理をすることが可能になっているのです。特にこうした営業の活動というのはそのときの状況に合わせて対応をしていかなければなりません。そうしたときには情報を共有することができるシステムというのは非常に有効的に活用をすることができるようになっているのです。こうした共有化のおかげでどこからでもそうした情報を参考にすることができますので、常に変化をしていくような状況に合わせて活動をしていくことができるわけです。

安定した売り上げのためのSFA

営業というのは一人の従業員の資質に頼るようなことでは、安定した経営をしていくことが難しいものです。やはり組織としてそれぞれの従業員が成果を上げることができるような、そんなシステムを導入していくというようなことを考えていくようにしなければなりません。そのようなためにもSFAのシステムなどを導入するというようなことを考えてみるのがいいのではないでしょうか。こうしたシステムならば、従来のような手作業での日誌の作成などとは違ってコンピューターでそうした成果などを共有していくことができるのです。そのために商機を逸することなくそのときの情報を共有することができます。このようなことから営業部署内すべての情報をすべての従業員が参考にすることができますので、安定的に成果を見込めるというようなことになるわけなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)